袴をレンタルするメリットとデメリット

“一度しかない成人式や、結婚式のために、袴レンタルを希望する人も多いでしょう。ところで、袴をレンタルした場合のメリットとデメリットには、どんなことが挙げられるのでしょうか。
袴レンタルのメリットとして挙げられるのは、まず、一度の着用であれば購入より格段に安価であるということです。いざ袴を購入しようとすれば、羽織や袴はもちろん、着用するための付属品もなにかと揃えなければなりません。すべて合わせれば、結構な出費になるでしょう。その点、レンタルであれば、付属品もセットで、割安に借りられます。成人式など、一度きりの着用であれば、レンタルが断然お得ということになりそうです。
また、借りた後は、保管の手間もかからず、返すだけですので、煩わしさがありません。また、そのとき流行の、最新の柄などを選ぶことができるのも魅力です。
一方、袴レンタルのデメリットとして考えられるのは、何度か着る場合は、購入するよりも高くつくこと、大き目のサイズで揃えられていることが多く、小柄な人はサイズが合わないことが多い、などがあります。また、大勢に貸し出しているため、色がくすんでいたり、汚れていたりすることもあります。さらに、レンタルの価格にはその袴によって幅がありますが、新作や流行の柄であれば、割高になって購入するのとさほど変わらなくなることもあります。また、袴や着物というものは、何度も着ることでその着物になれ、着たときの姿が映えるようになるものですが、一度きりのレンタルだと、そうはならないようです。
いずれにしても、袴を着る機会はそうそうなく、やはりびしっと決めたいものです。よい点、悪い点をよく考慮して、自分にふさわしい袴を選びましょう。”

レンタルの袴を汚してしまった場合

“卒業式のシーズンには、沢山の袴姿の女性を見かけます。
とても華やかですし、記念に残るものなので、袴を着るのもとても良いものです。
しかし、自分で着つけが出来ない場合や、袴を持っていない場合には、袴を着る方法としては、袴レンタルがあります。
袴レンタルでは、事前に下見をして、予約をしておき、当日に普段着のままで来店するだけで、好きな袴を着て卒業式に参加することが可能です。
一緒に髪のセットや着つけもしてくれますので、大変便利ですし、時間の短縮や面倒な手間も要りません。
また、袴は高いというイメージがありますが、袴レンタルでは、一万からのところもあり、自分の気にいった着物と袴を組み合わせることも出来ます。
そのため、記念にもなりますし、写真館でレンタルすれば、写真もセットで写してくれるところもあります。
それに、袴レンタルですと、返却時のクリーニングも必要なく、そのままで返すことも出来ます。
食べこぼしやシミなどで汚した場合でも、軽いものならば費用は掛りません。
中には全国発送をしている袴レンタル店もあり、インターネットで申し込み、先に費用を振りこんでおけば、卒業式の数日前に袴のセットが届きますので、当日に着ていくことが出来ます。
自分で着つけが出来る人や、お気に入りの美容室でセットをしてもらうという人にぴったりのプランです。
勿論、袴だけではなく、七五三や結婚式などの着物をレンタルしているところも多数ありますので、興味があれば、レンタルサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。”

レンタルの前に知っておきたい袴の基礎知識

“袴は、和服の中で腰より下を覆うように履くものです。主に男性が着るもので、礼装にあたるものとされていました。現在一般的とされる袴は、馬乗袴といいますが、これは裾にゆくほど広くなる、幅の広いズボンのような形状です。元々が礼装なので、履き方や腰の紐の結び方などには作法があります。例えば履くときは左足から通すといったことや、紐の結び方にも、十文字、一文字といった方法があります。袴レンタルを利用する前に、基礎知識を身に付けておくといいかもしれません。
近年、男性が袴を履く機会といえば、成人式か結婚式となります。男性の履く袴は、いわゆる紋付袴といわれる、羽織袴のセットになるでしょう。この時、羽織の紋に注意が必要です。袴レンタルを利用する場合、自分の家の家紋が分かっているなら、その紋が用意できるか確認する必要があります。珍しい家紋の場合は特に注意が必要です。
一方女性が履く袴は、女袴といい男性のものとは形状が違います。着物の腰の部分に、巻スカートのような形で巻きつけます。これは行灯袴とも言われます。女性が袴を着用する機会といえば、女子大学生や短期大学生の卒業式の衣装としてでしょう。女子学生が袴を履くようになったのは明治時代のころからで、明治の女学生のアイコンとして、今もドラマなどで用いられます。華やかな学生生活の晴れの門出の衣装として、袴レンタルを利用してみるのはいかがでしょうか。きっとすばらしい思い出になることでしょう。”